白髪が染まる仕組み

白髪染めの仕組みを知ったところで何がどうなるわけでもありませんが、一応予備知識としておさえておきましょう!何もわからないものを使うより、正体がわかっているほうが安心感が生まれるかもわかりません。
まず基本的な白髪染めの商品は2つの液がそれぞれボトルに入っています。片方には「染料とアルカリ液」、もう片方が「酸化剤(メインの成分は過酸化水素)」です。
この2つを混ぜ合わせることで化学反応が起きて白髪が上手く染まるようになっています。どうやら混ぜた状態での製品化はできないようです。
染料は白髪に付く色、アルカリ剤は髪の中にしっかり色を入れるためにキューティクルを開く役割を持っています。酸化剤は染料を発色させると同時に色を固定化する働きをしてくれています。最近では髪にリンスするような感じで手軽に白髪染めできる商品も発売されています。
こちらのほうが頭皮への負担が少ないわけですが、持続性に関しては上記の仕組みのほうが強力です。ただ今後も技術力は向上していくに違いないので、トレンドとしてはお手軽な方法にシフトしていくものと思われます。「あ、ちょっと白髪気になる‥サッとパッと」終わるような感じにまでなってくれるとうれしいのにな〜と思う今日この頃です。

注目コンテンツ

Copyright(c) 2011 白髪染めの基礎知識. All Rights Reserved.