肌への危険性について

髪を染める技術については一昔前と比べれば随分進化していますし、事前のパッチテスト(皮膚が異常に反応しないか薬剤をちょっと付けてみるテスト)もしっかり行えばそうそうトラブルに見舞われることも無いと思います。
ただ実際に頭皮に付けた際にどうなるかの保障はできないため、起こりうる危険性については知っておいたほうが良いと思います。まずは白髪染めに過酸化水素が使われている場合です。これは髪の中に色を入れるめに必要なのですが、キューティクルを一時的に開くために中の水分が抜けてしまうのです。なので極度に繰り返すのは髪のダメージに直結します。またアルカリの液は肌への刺激が強いため、元々肌の弱い人は注意が必要です。
それ以上に問題なのがアレルギー症状です。アレルギー症状というのは特定の成分に免疫機能が過剰に反応してしまうため体の異常を引き起こします。なんと場合によっては死にいたることもあります。残念ながら皮膚にとっては自分を傷つける白髪染めは敵です。皮膚が弱い人だとなので過剰に侵入してくるのでそれに対して抗体を作ることがあります。
一見すると抗体ができたのだからもう安心という気がするのですが、その抗体が過剰に反応してアレルギー反応が起こるのです。そのアレルギー反応とは頭皮の炎症、できもの、そして最悪はショック症状になって亡くなる場合もあります。
だからこそ最初にパッチテストを行うことが大切になります。白髪染めは基本的にやや年齢が高めの層の方が使うため、尚更注意が必要になります。

注目コンテンツ

Copyright(c) 2011 白髪染めの基礎知識. All Rights Reserved.